• HOME

ファンケル無添加スキンケアは、無添加を

ファンケル無添加スキンケアは、無添加を守ることに限って拘りを持っているのではありません。お肌が元々持っている力を甦らせ、その美が復活するよう、細胞の活力を高め、ダメージを回復させることも大切にして造られています。


ずっと使っていくと健康的でキレイな肌になれることでしょう。
肌に対して、刺激や摩擦を与えるのはNGだということは重々承知の上なのですが、それなのに、ついつい力いっぱいごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、爪をたてずに指の腹で、優しくオフすればOKです。何にしても、力を加減することが大切で、クルクル丸を描くように、というのが理想的なやり方ですが、気づけばついつい力をこめてケアしてしまいがちなのです。コーヒー、それに、紅茶、緑茶等に含まれるカフェインという成分は、お肌にシミをつくる原因になると言われているのです。


シミをさまざまな範囲に拡散させる結果となったり、長い間、カフェインを摂り続けていると色素が沈着しやすい体質になることが危惧されます。



さらに、緑茶のタンニンも肌のシミにとって良くないはたらきをする成分ですし、シミでお悩みの方は飲み過ぎない方がいいです。


たとえ同量の紫外線を浴びたとしても、肌に出来てしまうシミというのは人それぞれです。



簡単に言うと、シミができやすい肌が存在しています。

具体的に申しますと、白く、きめの細かい肌のことを言います。
見分け方についてですが、夏場、日焼けすると赤くなってしまうタイプの人です。美肌(正しいスキンケアと生活習慣なくしては実現できません)はとってもデリケートに出来ています。肌荒れは、空気が乾燥しているために体を起こしています。お肌を守ってくれるクリームを多めに利用すると良いでしょう。乾燥した肌を放っておくのはやめた方が無難です。肌をきれいにするためには、洗顔する必要がありますが、顔を洗いすぎると、む知ろ肌を傷めてしまいます。朝は顔を洗わないか、少しだけ洗うようにするのが良いです。

出産後の赤ちゃんのスキンケアについて書いた記事は多いですが、ママの肌について書かれていることは少ないように感じます。


長期間変化のなかったホルモンバランスが出産で急激に変わるため、しわやシミ、肌のたるみなどが生じるため、身体的にも気分的にも大きな負担となります。

2つある女性ホルモンのうちエストロゲンが減少するので、皮膚が薄くなって乾燥しやすくなります。

少しの刺激でも肌に強く作用してしまう時期なので、産後の肌質の変化に対応するには、極力マイルドで添加物の少ない化粧品でうるおいを補填するようにケアするのがおすすめです。ママ専用のコスメサイトなどで情報蒐集するのも良いでしょう。日々の飲み物でシミ対策したい方にオススメなのが赤く爽やかな味わいのローズヒップティーです。


酸っぱくてその通りでは摂れないレモンの数十倍の肌トラブルに効くビタミンCがたっぷりで体の中から退治したいメラニンに効き、アンチエイジングの女王コラーゲンが活性化するというのですから紫外線で疲れた肌を元気にし、透明感あふれる肌へ変化していくでしょう。強力な抗酸化作用も持っていて、お肌の老化にストップをかけるのにも役たちます。潤いのある肌は保湿が十分できていて、悩みの種となるシミなどの色素沈着も防げます。肌の水分量が一定に保たれ、潤っていれば水分と油分がバランスよく保持されていて、きめ細かい肌になっています。しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、紫外線で肌全体がダメージをうけるのを抑えているので、メラニン色素が増えにくくなり、シミも予防できます。
シミを防ぐためにも、肌の乾燥には気をつけなければなりません。私は乾燥肌なので、スキンケアにはオイルのものを使うことにしています。オイルを使ってのマッサージを行ったり、オイルパックを利用したり、また、クリームを塗る換りにオイルを使うので、乾燥しなくなりました。常にツルツルとした肌になれてまあまあ嬉しいです。スキンケアをおこなうときには保湿が一番肝心です。



入浴をすると水分が肌からどんどん抜けます。

肌を乾燥から守るために、化粧水や乳液をつけた後に保湿クリームの使用を推薦します。

保湿クリームを夜に使用すると肌の潤いがあくる日の朝までつづき、メイクのノリも良くなります。

関連記事

メニュー